【新型・デミオ】値引き額の相場は?レポートから限界を知った上での交渉術

えっ?査定サイトを使うと愛車が100%高く売れる!?

ディーラーでは 20万円の下取りが、
買取業者では60万円になることも
多々あります。

無料の車査定サイト
使います。
複数事業者で査定され
一番高く買い取ってくれる
事業者で売ることが出来ます。
複数の事業者から連絡が来ることはありません。

スマートホンで簡単に申し込めます!

洗礼されたデザインとディーゼルで注目度の高いコンパクトカーのマツダ・デミオ。
購入を検討している方が一番気になるのは値引き額だと思います。
新車の購入は人生の中で大きなイベントです。

車の購入は大きな決断も必要になるくらいに高価なものです。
出来る限り安価に購入することを考える必要があります。
価格を大きく左右するのが値引き額です。
なぜか新車だけは値引きをして販売するというのが販売店と消費者の中で常識になっています。

その値引き額は一定ではなく、買う人によって異なります。
もしも自分が購入した時の値引き額が、他の人よりも低かったら不平等だと感じるはずです。

今回はデミオの値引き情報をまとめていきたいと思います。
新車でデミオを検討している方はぜひ参考にしてくださいね♪

スポンサーリンク




デミオの値引き相場の価格はいくらくらい?

まずはデミオの値引き額の相場を紹介します。何よりもこの相場を越すようにしなければなりません。
この記事を読んだだけで、1万以上お得になると考えたらかなり安いものだと考えてみてください。

値引き相場を知らないでデミオの商談をしてしまうと、値引き額を提示されてもその金額が高いか低いかが分かりません。
値引き交渉をする上でかなり重要になってくるので、これから購入を考えている方は必ず頭に入れておきましょう。

マツダ・デミオの値引き相場

平均値引き額 10万円~12万円

2018年10月時点で口コミからの値引き平均額を計算しました。
自分の値引き額はこの相場を目安に交渉すると良いでしょう。

他社のコンパクトカーの値引きと比較すると、デミオの値引き相場は少し辛いと言って良いかもしれません。

デミオは以前の旧型モデルでは、現行モデルと違い大幅な値引きが期待できる車種でした。
通常の販売でも30万円前後の値引き額で、決算月には40万円近い値引きもあったそうです。

しかし2014年に現行車にモデルチェンジしてからは値引き額はかなり抑えられています。
現行型のデミオはコンパクトカーの中でデザインや内装の質感が高く、唯一ディーゼルを搭載していて人気が高いです。

これはデミオだけではなく現行のマツダの普通車すべてにあてはまります。
以前のマツダは値引き販売で販売台数を構築していましたが、ブランドイメージの構築のために値引き販売は極力しない方針になったようです。

消費者としては値引き販売してくれたほうがありがたいですよね。
でも値引き販売しなくなったことによって消費者にもメリットがあります。

それは下取りに出すときの買い取り額に期待ができるところです。
以前のようにマツダが新車を値引き販売しているときには、どうしても車の価値が落ちてしまって下取りに出すときにほとんど金額が出ませんでした。

それに対して現行のマツダ車の買取価格は他社メーカーの車と比較してかなり高くなっています。
値引き額の相場だけ見るとかなり低く感じますが、将来の買い取り額まで視野に入れるとデミオの購入は得だと思います。

では実際に10~12万円の値引き相場だと、どのような値引き交渉の流れになるのか考えたいと思います。

例えばディーゼルのXDのグレードで210万円前後の見積もりが出た場合、セールスは値引き金額込みで200万円ピッタリの条件を提示してきます。

こういった形で、値引き交渉ではキリ良い数字になるように値引き額を微調整してくることが多いです。
値段をキリの良い数字にしてもらうと心理的に安くしてもらったと感じてしまいがちです。

ですが、値引き額を多めに調整してくれるとは限らず、少なめに調整されてしまうこともあるので注意がひつようです。
商談前に必ず必要なことがあります。
それはご自身の中で「値引きをいくらにするのか」という目標を決めておくのです。

目標を決めておかないと、セールスのペースで商談を進められてしまう事があります。
デミオの値引き額が10万円以下といったケースは多いので、相場から考えて最低でも10万円は値引き交渉で目標にしましょう。

スポンサーリンク

デミオの値引きの交渉レポート、口コミから限界はいくら?限界値を超える方法

デミオの購入を考えてる方は出来る少しでも安くするために値引きを上手に交渉するのが大きなポイントとなるのは間違いないでしょう。 デミオを購入した人の口コミなどを検証していくと値引き額に大きく違いが出てくることが分かります。

デミオ XD Touringを値引き額10万円にしたSさんの例

デミオの見積もりをディーラーで見積もりを取ってもらいました。
「どれくらい値引きしてくれるのか?」
と聞いたら
「10万円のお値引きが可能です」
と言われました。 交渉はしましたが、
「他の販売店でもどうしても同じ条件でしか出せないので申し訳ございません」
と言われ、どうしても欲しいデミオを10万円で購入しました。 もっと値引いてくれることを期待していましたが、とても残念です。 ディーゼル車はガソリン車に比べても高価なのでもう少し値引きを大きくしてくれると思っていました。

デミオ 13S Touringを値引き額15万円にしたFさんの例

デミオ13Sのツーリングが欲しくて見積もりを出してもらいました。 値引き交渉をした結果は…
「なんとかめちゃくちゃ頑張って10万円を値引かせてもらいます!」
というなことを営業マンに言われました。

デミオは欲しかったですが、デミオと同じコンパクトカーであるフィットにも興味がありました。

フィットの見積もりも同じでしたので、デミオの営業マンさんに、フィットが同じ値段の値引きで悩んでるということを伝えたら…
「それならプラスして5万円多く値引かせて頂きます!」
ということで、どうしても欲しかったデミオ13Sツーリングを購入することができました。

手間ではありますが、交渉に何度も行くことで5万円も大きく値引きが出来ました。?実働は移動時間なども含めて3時間くらいだったので時給にすると2万円近くになった計算になりますので交渉がどれだけ大事なのかわかりました。

デミオ XD 値引き額20万円のMさんの例

デミオXDが欲しくて見積もりを出してもらっていました。
私の場合は追加のオプションがおそらく普通の人よりも多かったです。
営業マンには 「オプションをつけて頂けるので15万円値引かせて頂きます」 とのことでした。

私は予算を大きく超えていたのでさらなる値引きをお願いしました。
営業マンの方も厳しいらしく店長さんと話をさせてもらうことができました。
店長さんはいくらまで値引けるというのを一番わかってると思ったので店長さんにお願いしたということもあります。 結果は… 「特別条件で20万円まで値引かせてもらいましょう!」 ということで交渉成立しました。店長さんと交渉するのも一つの手だなと思い私自身満足しています。

デミオの値引きは口コミなどからいくらまで粘れる?

デミオを購入した人の口コミや交渉レポートを検証していくと基本的に大きく3つのパターンがありました。

口コミ、値引きレポートの主な例
  1. 営業マン一人と値引きの交渉
  2. 他のメーカーと同じような車での見積もり値引きを営業マンに提示
  3. 店長との交渉

色々なパターンがありますが、検証した結果、値引き額が一番多いのは20万円でした。
上記は3人分の検証結果しかありませんが、全体的に見てみるとデミオは10万円の値引きが平均として表れていました。

他の店舗との兼ね合いも言われて「こちらでは10万円の値引きを限度としております」と言われる例が特に多いです。
それだけデミオという車の性能に自信があるというのも伺えるでしょう。
こう考えるとなお、値引きを大きくしたいと思いますね!

ただ実は別の例もあるのです。 なんと…30万円の値引きに成功したという例もあるのです。?
相場と20万と大きな差が出ています。 グレードを高いものにするのか、オプションをどれだけつけるか、下取りをどのように交渉するのか、など色々な値引きの方法はあると思います。

しかし実際はグレードが高くなったから値引きが大きくなるということは交渉レポートから読み取るとないようです。 コンパクトカーというのはライバル競争が激しい時代もあり全体的に安価になり、利益率が他の車種と比べると低いためだと思われます。

値引きの限界を超えたら赤字になってしまいますからね… コンパクトカーと違いセダンやSUVはグレード毎により値引きもありますが、コンパクトカーにはほぼないと言っても過言ではないというのが実情のようです。

結果は値引きの交渉レポートから値引きの限界額は20万円!

これが妥当と言えるでしょう。

デミオの値引き額を30万円以上にアップされる方法


決算前などだったら大きな値引きの交渉をすることも可能かもしれませんが、基本的に値引きの限界は普通に10万くらいだとみておいて間違いはないでしょう。

ただ30万円以上を値引くとしたら下取りをいかに有効にしていくのかが大きな一歩となることは間違いないでしょう。 持ってる愛車にもよりますが、下取りをするときにディーラーに出したりすることはありませんか?

ディーラーでは結果車を購入してもらうために30万円くらいの値引きはしてくるでしょう。 ですがそれは大きな損をする可能性を秘めています。

多くの事業社に査定してもらうことで、一番高く査定してくれるところに出すことで最もデミオを安く購入できる方法です。

「だけどそんなに多くの販売店や中古車屋さんにもっていくのは面倒…」 という方も多くいると思います。

その中で最も有効なのが安心車.jpというサイトを使うことです。 いくつもの事業者が愛車を一括で査定してくれるのです?45秒で入力をしたら、その情報を元に無料で何社もの事業者が査定をしてくれます。?
その後に色んな事業者が車を買いたいということで連絡が来るわけです。

査定をしにくる業者もありますので、1日くらいあけて、その日に査定してもらう業者を集中させてもよいでしょう。

わざわざ自分の足で何社にも査定しにいかないできてくれるというものです。 車種にもよりますが、A社では30万円、B社では80万円と50万以上も多く査定額を提示してもらえる人もいるくらいですから絶対に利用はしたほうがよいでしょう。
最後に販売店に下取り額を聞いてみて一番高いところに査定に出すのです。
前述にある値引き交渉術の5万円や10万円以上の利益をもたらすことも可能なのです。、 デミオを購入する際には一括査定を利用して少しでも大きな値引きをすることを考えてみてもよいでしょう。

>>一番高く愛車を買い取ってくれる事業者はこちら

デミオの値引き相場と限界から考える目標額は?

デミオの値引き情報と目標額をまとめます。

デミオ値引き情報と目標額
  • 値引き相場 10万円~12万円
  • 限界値引き額 20万円
  • 目標額 17万円~18万円

デミオの値引き相場と限界値引き額から考えて目標額は17万円~18万円と設定しました。
交渉レポートを見てもこの目標額を達成できれば合格点なのではないかと思います。

ただ値引きはディーラーや店舗ごとに幅が決まっているので、必ず達成できるというわけではないと思います。
それでも達成出来なかったとしても、少しでも目標額に近づければその分安くデミオを購入出来たということになるはずです。

それに、目標額をはっきりさせたほうが値引き交渉するときのモチベーションにつながります。
これから値引き交渉される方はぜひこの目標額を目指してみて下さい。

でも、実際に交渉レポートを見ると相場と同じくらいの値引き額の方が多いです。
頑張ってされに値引いてくれたというケースでも数万円しか変わらないという方が多いのです。

それでは目標額を達成するのは難しいですよね。
目標の値引き額を達成するためにはオプション値引き購入時期が重要になってきます。

オプションを追加するとさらに値引いてくれる!?

オプションの内容によって値引きの金額が異なることがあります。
車両本体の値引きは販売するときの利益の中から値引きしています。

それと同じでオプションの販売でも利益が発生しているので、オプションを追加してくれたほうが販売する側としては値引きがしやすくなります。
そのためオプション装備が少ない契約よりもオプション装備が多い契約のほうが、より多くの値引きをしてもらえることがあります。

つまり車両本体からの値引きの他にもオプションからの値引きにも期待することができるんです。
デミオの見積もりを見てオプションの金額が高いようなら、オプション値引きの交渉をしてみるとさらに値引きしてくれるかもしれません。

その他にもお店によってはフロアマットやアクリルバイザーなどの基本オプションをサービスしてくれることもあります。
自分の値引き額が相場と同じくらいの金額でも数万円のオプション値引きがあったり、3万円前後の基本オプションのサービスがあればかなり目標額に近づくことができると思います。

値引きが目標額にとどかない方はぜひ積極的にオプション値引きの交渉をしてみて下さい。

決算期や改変期は値引きの狙い目!

引用:http://www.777money.com/car/kousyou/kessan_3gatu.html

車は購入する時期によって値引き額が異なります。
特に決算期やフルモデルチェンジ・マイナーチェンジなどの改変期は新車を安く購入できるチャンスです。

自動車会社の決算月は広告が出ていたり、お店の飾りつけなどでかなり大々的に行われています。
デミオを販売しているマツダの決算期は3月と9月です。

決算月に新車が安くなるのは、在庫車を販売するためです。
主な在庫車としてはお店にある展示車などです。

展示車は新車のナンバー登録を行っていないので、新車として販売することができます。
決算月に広告に載っている目玉車はこの展示車というケースが多いです。

展示してあるので他の方が触ったり、シートに座ったりします。
そのため新車なのに安く販売されているのです。

現在、決算期でも展示車以外の受注生産車の値引きは、通常月とあまり変わりません。
決算月はお店も台数を確保するのに必死なので、通常月よりも契約を迫ってきます。

決算月だからと言って焦って契約をしてしまうと、損をすることにもなってしまうかもしれないので注意が必要です。
展示品を購入するのに抵抗がなければ、決算期に展示車を購入することで予算内にデミオを購入できるかもしれません。

しかし、展示車は中古車のように在庫数に限りがあり、ボディーカラーやオプション内容は最初から決まっていて自分の好きなように選ぶことができません。
ボディーカラーやオプションを選びたい場合には受注生産のデミオを購入するしかありません。

受注生産のデミオを少しでも安く購入したいなら、フルモデルチェンジ・マイナーチェンジの改変期直前の購入を狙いましょう。
フルモデルチェンジが行われる場合、現行モデルは旧型になってしまうので大幅な値引きが期待できます。

その分自分の乗っている車は旧型なので新型車と比べると古く感じてしまうことや、手放すときの買取価格が少なくなってしまうなどのデメリットがあります。
マイナーチェンジならば大幅な値引きは期待できないものの、デメリットは少なく良い値引き額での購入ができると思います。

改変期前の購入を狙うなら、デミオのフルモデルチェンジ・マイナーチェンジの情報はこまめに確認する必要があります。
デミオのマイナーチェンジの最新情報はこちらの記事でまとめています。

【新型デミオ】2018年のマイナーチェンジ最新情報!旧型と比較

スポンサーリンク

デミオの値引き目標額を達成するための交渉術

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/grade/#demio

デミオの値引き相場や限界を頭に入れたうえで目標金額を設定して値引き交渉をすることによって、低い値引き額で購入するリスクは回避できると思います。

でも、それだけでは最大限の値引きを引き出すことは難しいです。
デミオをできるだけ安く購入したいなら値引き交渉のコツやテクニックを知っておく必要があるでしょう。

もしかすると値引きの交渉と聞くと難しいと思われる方が多いかもしれません。
通常の買い物では値切りをすることはほとんどありませんよね。

しかし新車の契約では値引き販売が前提になっています。
そのため、ほとんどの方はどのように値引き交渉をすればよいのか分からないのだと思います。

そういった新車の値引き交渉をしたことが無い方や、苦手と感じる方でも実践できる交渉術を紹介していきたいと思いますのでぜひ参考にしてください。
値引き交渉次第で目標額を上回る値引き金額が出るかもしれません。

デミオのグレード・色・オプションは必ず決めておく

デミオの具体的なグレード・ボディカラー・オプションなどはお店に行ってからではなく、事前に決めておきましょう。
全く考えないでお店に出向いてしまうと商談に時間がかかりすぎてしまう場合があります。

商談の時間が長引くと、じっくり値引き交渉をする時間が取れなくなってしまいます。
値引き交渉は後方の最終段階で行うので、それまでの商談はできるだけ手短に済ませたほうが良いです。

最後に焦って交渉では思い通りの成果を上げることは難しいと思います。
特にオートローンを組んで購入を考えている方は、ローンの審査で商談の時間が余計に長くなるので注意が必要です。

早めにお店に行って時間に余裕を持ったうえで商談に入るようにしましょう。

デミオの競合車種を考えておく

お店にデミオの商談に行く前に、競合する他社コンパクトカーを想定しておきましょう。
競合車種があると営業の方に伝えることで値引き交渉を有利に進められることがあります。

価格はデミオよりも安いライバル車種が良いです。

その競合車種よりもデミオが高いというのがネックで決められないとセールスに伝えることで、良い条件を引き出すことができる可能性が高くなります。

 

デミオの競合車

ホンダ・フィット

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/type/gasoline/

フィットはガソリンとハイブリッド2種類のエンジンから選択できて、よくデミオと比較されている競合車です。

特にデミオディーゼルとフィットハイブリッドは競合されています。
質感はデミオに劣りますがとても使い勝手の良いコンパクトカーで、後席はハイブリッドとは思えないほど広くなっています。
平均値引き額は15万円前後です。

トヨタ・アクア

引用:https://toyota.jp/aqua/

アクアもハイブリッドがデミオのディーゼルと競合します。

トヨタと競合させることで、マツダのセールスにはプレッシャーになると思います。
平均値引き額は20万円と高い金額です。
アクアを引き合いに出せば値引き交渉を有利に進められるかもしれません。

日産・ノート

引用:https://www.nissan.co.jp/OPTIONAL-PARTS/NAVIOM/NOTE_SPECIAL/E-POWER/1709/index.html#!visual

ノートはモーターだけで走るe-POWERの搭載などでコンパクトカーでかなり注目度の高い車です。

燃費に優れていますが、燃料代はデミオのディーゼルとほぼ同じです。
平均値引き額は15万円前後です。
デミオの値引き額よりもでているので、ノートの値引き額を武器に交渉するのも効果的です。

 

上記の競合車の中から詳しい価格を調べるか、見積もりを出してもらいデミオの値引き交渉に活用するのがオススメです。
競合車の見積もりは具体的な金額を提示することができるので効果的です。

他社のコンパクトカーはデミオよりも室内が広いなど実用性は勝っています。
そういったところとデミオの比較をうまく交渉材料にすることで値引き交渉を有利に進められます。

デミオ同士を競合させる

デミオの見積もりと値引き額を別店舗で比較するという手段もあります。
競合店舗は同じ系列店舗だとあまり効果はありません。

同じ系列店舗だと値引きの金額はほぼ同じで、上限も決まっているからです。
系列店舗間では情報共有されている場合もあるので、無理に値引きを迫ってしまうとブラックリストに載ってしまう可能性があります。

競わせるのなら系列が違う店舗かしっかりと調べてからにしましょう。

予算を伝えるタイミングは慎重に

予算を伝えるタイミングは値引き交渉の中で、かなり重要な駆け引きになってきます。
新車の商談では見積もりを提示されてからすぐに予算を聞かれるケースが多いです。

しかし、予算をこちらから伝えることはNGです。
具体的な予算を言ってしまうと「その金額ならば決められる」という意思表示になってしまいます。

セールスの側は即決を進めやすくなります。
さらにそれ以上の値引き金額を交渉することが難しくなってしまいます。
予算を伝えるタイミングは慎重に選んだほうが値引き交渉を有利に進めることができます。
そのため、予算の提示はお店側で値引き額を提示してきた後にするようにしましょう。

限界値引きを聞き出すには

実際の値引き交渉では、お店側が最初にデミオの限界値引きの条件を提示してくることはほとんどありません。
交渉していくうちに値引きの条件を少しずつ高くしていきます。

そうなってくると、実際にどこまでの値引きが限界なのかを探るのは難しくなってしまいます。
営業マンが値引きを一気に出さない理由は少しずつ値引き額を多くされていくうちにお客さんが折れて契約するということを狙ってのことだと思います。

また、限界値引きを提示してしまうと競合に取られてしまうというリスクがあるためです。
そうさせないためには、少し無理のある値引き額の交渉と契約する気があるという意思表示をする必要があります。

デミオの値引き額では20万円以上になるとかなり無理のある値引き額だと思います。

おそらくその値引き額は出せないと断られるでしょう。
そのうえで「もしよい条件が出るなら契約しても良い」と伝えることで限界の値引き額を提示してくるはずです。
あくまでも「今契約してもらえるならこの金額で」と提示された値引き額になるので、値引き交渉の最終手段です。

日曜日の閉店前は狙い目

車の販売店にはノルマがあり、来客数の多い土日の商談で達成できるかが決まります。
日曜日はノルマ達成の追い込みをしている場合が多いです。

そのため日曜日の閉店前に行くことで通常よりも良い条件を提示してもらえる可能性が高くなります。
もしも値引き額が自分の目標額にとどかないといった場合は、そういった時間を狙って来店するのも効果的です。

デミオの値引き交渉より下取りで一気に価格を下げられる!?

デミオの値引き相場や交渉術を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

相場をしっかり頭に入れたうえで、交渉していけばデミオ値引き額で損をすることはなさそうですね。
でも、値引き交渉を頑張っても実際の成果は数万円程度しか変わりません。

数万円でも十分に大きい金額かもしれませんが、下取りでもっと大きく差をつける方法があります。
人間の心理として手間などを考えるとディーラーで下取りに出す人が多いのです。
下取り車をディーラーに出すよりも他社の買取のほうが高く買い取ってもらえる可能性が高いです。

ディーラーの下取り額と他社の買い取り額が10万円以上の違いがあるというケースは少なくありません。

デミオの値引きの金額の差はどんなに頑張っても数万円と限定的です。
でも、下取り車の金額の差は10万円単位で変わってくることがあります。
しかも下取り車でを使った方法なら値引き交渉をするよりも簡単に金額の差をつけることが可能です。

しかし車の契約時に同時に査定してもらったほうが手間がかからないという理由で、ディーラーに下取りに出してしまう方が多いのです。
つまり値引き交渉を頑張っても、下取りで損をしている方が多いというのが現状です。

そうならないためには、ディーラーでデミオの商談をする前の準備として下取り車の査定金額を他社でも出しておくことが重要です。
なぜディーラーに行く前にやらなければいけないのかというとディーラーの下取り額と他社の買い取り額の比較ができないからです。

ディーラーでデミオの商談をしてから他社の査定額を出すというのでは、またディーラーに行くという2度手間になってしまいます。
下取り車の査定は無料なので、セールスは必ずと言って良いほど進めてきます。

デミオの商談も進んでいて下取り車の査定もすんでいるのに、その話を一度持ち帰るというのはなかなか大変です。
セールスの側はこちら側に購入の意思があることが分かれば素直に帰してくれなくなります。

お客さんを他社にとられないように「今決めてくれるなら」と値引きの特別条件を出してきたりします。
そこまで交渉が進んでしまうと、下取りの金額が低く感じても契約してしまうというケースが多いのです。

そうならないためには、やはりあらかじめ下取り車の他社買い取り額を出しておくことが必要です。
多くの買取業者で査定額を出すほど高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。

ディーラーの下取り額と比較して高いほうで買い取ってもらうことができます。
下取り額が他社の買取金額よりも低ければ下取りアップの交渉をしましょう。

値引き額が思った金額ほどでない場合は必ず下取りアップの交渉も同時に行ったほうが良いです。
他社の買い取り額を調べるには一括査定が最も効果的です。

一括査定は複数の買取業者に査定してもらえるので、どこの業者に愛車を高く評価してくれるのかが一発でわかります。
複数の買取業者に見てもらったほうが良いとは思うけど、なかなか時間を作って回るというのは難しいです。

一括査定なら、一度で複数の買取業者に査定依頼をすることができるので、手間はほとんどかかりません。
一回の申し込みで、一番高い買い取り金額がわかるのはとても便利です。

ディーラーの下取り額よりも期待できる他社の買取金額を何社も調べられるのはかなり大きいですよね。
少しでもデミオを安く買いたいならうってつけの方法だと思います。

中には自分の乗っている車は古かったり、傷だらけで値段がつかないと思っている方はいると思います。
そういった方でも、一括査定で金額を調べることは必要です。

例えばディーラーの査定で廃車の扱いになったけど、他社で3万円で買い取ってもらえたというケースがあります。
なぜ金額がついたのかというと、買取専門店では車を分解してパーツを売却するという目的で買い取ったためです。

ディーラーでは下取り車はほとんど中古車として販売しています。
廃車扱いになってしまうと逆に廃車費用を払わなければならないので損をすることになってしまいます。

他社で買い取ってもらえたことによって、3万円以上金額が変わっていますね。
このことから考えてもディーラーの下取りよりも販売ルートの多い他社の買取のほうが期待できると思います。

下取りをしてもらう際は、相場を知っておかないと高いのか低いのか目安が分かりません。
相場を知るという意味でも一括査定はとても役立ちます。

デミオの商談でディーラーに行く前にはぜひ一括査定をしてみて下さい。
デミオを最大限に安く購入するために一括査定を利用することを考えても良いでしょう。

デミオの値引きで30万円以上お得にする裏ワザ!

「デミオが欲しいけど、予算オーバーだ…」 
「値引きで安く買いたい」 
「値引き出来なさそう…」 
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」 
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

このような悩みがある方に必見です。

スマホで簡単に申し込める
無料の一括査定
を使うと逆に
30万円以上、得をする
可能性が多いにあります。

一社じゃなく、最大10社の
事業者が査定してくれます。
高く買い取ってくれる事業者が
見つかります。

「事業者によって50万以上の差が出た」
という人もいたくらいなので
絶対に自動車の査定は
一括査定を利用しましょう。