MAZDA2のアクセサリーをカタログや口コミからオススメのまとめ

楽天査定の下取りは超お得!車の買い替えを考えてる方は必見!

ディーラーでは 60万円の下取りが、
この方法を使い102万円になることも
多々あります。

楽天査定サイトを使うことで、
大手下取り会社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

今なら
楽天スーパーポイント1,500ポイント
プレゼントされます。

スマートホンで簡単に申し込めます!

人馬一体とのコンセプトで設計されてから数多く販売されているコンパクトカーの中でも、根強い人気を持っているのがマツダが販売しているMAZDA2です。初代の発売以来数々のモデルチェンジを行ってきたで見ようには 個性的なアクセサリーも 搭載されていて 自分の好みに合ったアクセサリーが搭載できます。

「MAZDA2のアクセサリーをカタログや口コミからオススメのまとめ」と題して、MAZDA2のアクセサリーについて色々とご紹介していきます。これからMAZDA2にアクセサリーを付けようと考えている方はもちろん、MAZDA2の購入を考えていたら参考になる内容になっています。

スポンサーリンク




MAZDA2のアクセサリーのカタログにある純正ってどんなのがある?

引用:http://www.mazda.co.jp/

数多くのコンパクトカーが販売されている中で、運転時に車と一体になる感覚が味わえる事で多くのファンがいるのがマツダが販売しているMAZDA2です。そんなMAZDA2には多くのアクセサリーが純正品として用意されています。

MAZDA2のカタログを見てみると、エクステリアはもちろんインテリア、安全装備やナビゲーションシステム、高速道路を通過するのに欠かせないETCやオーディオなど、用途に合わせたアクセサリーが用意されています。その中から幾つかピックアップしてみます。

まずはエクステリアです。エクステリアにはフロント部分をスタイリッシュに飾ってくれるアンダースカートやリアルーフスポイラー、ドアミラーをオシャレにしてくれるドアミラーガーニッシュ、LEDフォグランプ、足周りをスタイリッシュに仕上げてくれるアルミホイールなど、MAZDA2には多くのエクステリア用アクセサリーが用意されています。

それ以外にもステッカーもアクセサリーとして用意されているので、お得にカスタマイズしたい方にオススメです。

続いてはインテリアです。

ドアを開けた時にステップに搭載するスカッププレート、アクセルやブレーキを踏み込んだ時のオシャレとして搭載できるアルミペダルセット、MT車にオススメのシフトノブ、高級感を生み出すにはオススメな本革調シートカバー、インパネをスタイリッシュにしてくれるインパネデコレーションパネル、LEDヘッドランプ、収納を確保するためにオススメなオーバーヘッドコンソール、シートバックポケットやメッシュポケットなど、インテリアにも多くのアクセサリーが用意されています。

続いては安全運転に貢献するアクセサリーです。狭い駐車場や縦列駐車などでも安心して駐車をサポートしてくれるパーキングセンサー、自車の幅を運転席から確認できるコーナーガイド、雨が降った時の視界を妨げない様に工夫されているブルーワイドミラー、車から離れていてもエンジンを始動できるリモコンエンジンスターター、強い紫外線をカットしてくれる赤外線カットフィルム、ドアハンドルを傷から守るドアハンドル傷付き防止シートなど、色々なアクセサリーも用意されています。

最後はナビゲーションやETCなど装備です。スマートフォンと連携して、3年間無料で更新される地図が内蔵されているナビゲーションや、バックする時などの後方の視界を確保してくれるバックモニター、最近注目されているドライブレコーダー、高速道路を通過するために欠かせないETC車載機など、快適な運転に欠かせないアクセサリーも多く用意されています。

スポンサーリンク

アクセサリーの電源取り出しは簡単?

引用:http://www.mazda.co.jp/

運転中でもスマートフォンやタブレットの充電を始め、電気ポットやパソコンを使う時には電源が必要です。電源が必要だと感じた時に、MAZDA2でもアクセサリーの電源取り出しができるかどうか考える方もいると思います。

電源が取り出されば室内での電気ライフが充実しますので、MAZDA2でもアクセサリーの電源取り出しができると嬉しいですよね。

アクセサリーの電源取り出しには室内にあるヒューズボックスからACC電源を取り出すための部品が欠かせません。

カー用品店でもヒューズ電源が販売されているので、軍手などの工具も一緒に用意しておきましょう。

ヒューズボックスは助手席側にあるので、作業を始める前に位置を確認しておきます。この時に取扱説明書があれば手元に用意しておくと作業時間が短縮されます。

この時に元々あるアース用ボルトから取り出します。取り出した後は運転席側から伸ばしたコードと繋ぎます。その後は運転席側にある側面カバーを開けて、助手席側のコードをまとめたりと処理を行ないます。

この様に自分でも簡単にアクセサリーの電源取り出しができますが、少しでも不安がある場合はカー用品店や整備工場などプロにお任せする事もポイントです。

MAZDA2のオーナーさんがよく使うアクセサリーパーツ紹介

引用:http://www.mazda.co.jp/

ここでは、MAZDA2のオーナーさんがよく使っているアクセサリーパーツをご紹介します。

アクセサリーオススメインテリア

・アルミペダルセット

アクセルやブレーキなど運転には欠かせないペダルを手軽にドレスアップできるのがポイントです。アクセルペダルやクラッチペダル※MT車はラバーが一体型になっているので足の滑りを抑えてくれますし、機能性を保ちつつデザインにも配慮しているのでオススメです。

・フットイルミネーション

足元をドレスアップしたい方にオススメしたいのがフットイルミネーションです。スモールランプと連動しているので、夜間の運転時には常に照らしてくれます。また、間接照明なので夜のドライブの演出にもピッタリです。ブルーとホワイトの2色があるので好みの色をお選びください。

・ステアリングシフトスイッチ

人馬一体とのコンセプトで開発されたMAZDA2は、ハンドリングやギアチェンジも楽しめるコンパクトカーです。このステアリングシフトスイッチは素早いシフトチェンジやプリッピング制御などをまるでMT車の様に操作できます。AT車のDレンジのままでも1時的な変速ができるのも特徴で、快適な運転をしたい方にオススメです。

アクセサリーオススメシートカバー

・[DAMD]本革調シートカバー

室内を上質にしたいと考えている方には、この[DAMD]本革調シートカバーがオススメです。本革調で高級感を出してくれるのはもちろんですが、裏側にはウレタン材を採用しているので立体的なデザインと快適な座り心地を両立させています。このシートカバーにはブラックとタンの2つが用意されていますので、好みの色をお選びください。

アクセサリーオススメソケット

ソケットについては、最新版尾MAZDA2のカタログには掲載されていません。標準で搭載されているソケットを使うか、ご自分でソケットを後付けするなどの対応が必要になります。

アクセサリー収納オススメ

・シートバックポケット

このシートバックポケットは室内にある小物を収納できるポケットで、ペットボトルやボックスティッシュを始め、携帯電話の充電器や雑誌など色々な物が収納できます。抗菌と防臭機能も搭載しているので匂いや汚れが気になる方にもオススメです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「MAZDA2のアクセサリーをカタログや口コミからオススメのまとめ」と題して、MAZDA2のアクセサリーについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?オーナーさんがよく使うアクセサリーやオススメのインテリアやシートカバー、車内で電化製品を使うために欠かせないソケットなど、MAZDA2には様々な利便性の高いアクセサリーが搭載できます。

今回の記事を参考にして、自分だけのMAZDA2を作り上げてみてはいかがでしょうか?

新車購入を40万円以上お得に手に入れる裏ワザ!

「デミオが欲しいけど、予算オーバーだ…」 
「値引きで安く買いたい」 
「値引き出来なさそう…」 
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」 
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

このような悩みがある方に必見です。

スマホで簡単に申し込める
楽天無料査定
を使うと逆に

40万円以上、得をする
可能性が多いにあります。

複数の事業者が査定してくれます。
高く買い取ってくれる事業者が
見つかります。

「事業者によって40万以上の差が出た」
という人もいたくらいなので
絶対に自動車の査定は
一括査定を利用しましょう。

値引き額を最大にする一括査定の利用方法

1、楽天一括査定に申し込み
(スマホでも可・45秒程度)

2、複数業者に査定をしてもらう

3、一番高く査定してくれた額をディーラーに伝え、値引き交渉

例1「30万で査定してくれる
車屋さんがあったんですが、
新車の値引きをこれ以上にできますか?」

例2「友人が30万なら車を買い取ってくれる
みたいなんですが、それ以上で値引くこと可能ですか?」

4、一番高く査定してくれたところに売る!

たったこれだけです。
ディーラーの値引きが少なければ
一括査定で一番高く査定を出して
くれたところに売ることで値引き額を
最大化させることができます。

もしディーラーがそれ以上の
金額を出してくれたら、
ディーラーで値引いてもらい
新車を買えばいいのです。
※記事上部の査定とは違い複数業者から電話があります。