【マツダ・MAZDA2】新型の価格をガソリン車とディーゼル車で比較

楽天査定の下取りは超お得!車の買い替えを考えてる方は必見!

ディーラーでは 60万円の下取りが、
この方法を使い102万円になることも
多々あります。

楽天査定サイトを使うことで、
大手下取り会社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

今なら
楽天スーパーポイント1,500ポイント
プレゼントされます。

スマートホンで簡単に申し込めます!

マツダMAZDA2は2014年にモデルチェンジしてから、コンパクトカーで注目の高い車です。

2018年8月にマイナーチェンジも行われました。
そんなMAZDA2ですが現在の価格はいくらになっているのでしょうか。

コンパクトカーは手頃な価格で購入できるのが魅力なので、価格はとても気になりますよね。
今回はMAZDA2の価格をガソリン・ディーゼルに分けて紹介したいと思います。

購入を検討していたり、他社との価格を比較したい方はぜひ参考にしてくださいね♪

スポンサーリンク




【マツダ・MAZDA2】新型のガソリン車のグレード毎の価格は!?

ガソリン車の価格をグレードごとにまとめます。

2WD(6EC-AT) 2WD(6MT) 4WD(6EC-AT)
15C ¥1,393,200 設定なし ¥1,598,400
15S ¥1,490,400 ¥1,490,400 ¥1,695,600
15S Touring ¥1,733,400 ¥1,733,400 ¥1,938,600
15S TouringLPackage ¥1,814,400 ¥1,814,400 ¥2,019,600
15S MistMaroon ¥1,782,000 設定なし ¥1,987,200
15S NobleCrimson ¥1,792,800 設定なし ¥1,998,000

車両本体価格(税込)

MAZDA2のガソリン車は現在6種類のグレードに分けられています。

エンジンはすべてのグレード共通でSKYACTIV-G1.5を搭載しています。

最高出力81kw/6,000rpm

最大トルク141N・m/4,000rpm

燃費 18.8~22.0km/L

表の中の15S MistMaroonと15S NobleCrimsonは特別仕様車となっていて、内装以外は15S Touringとほぼ同様の装備内容になります。

15Cと特別仕様車以外はマニュアルも選べるようになっています。
他社の車はスポーツモデルのみマニュアルがあるという感じですが、MAZDA2は標準グレードでもマニュアルが選べます。

マニュアルの設定がある車は少なくなっているので、マニュアル乗りの方にはありがたいですよね。
この中で人気のグレードは15Sです

ちなみに15Sの金額は購入時の諸費用等を含めると180万円前後で購入できそうです。
ガソリン車は価格が安く抑えられるメリットがあるので、上位グレードよりも標準的なグレードが人気が高いようです。

安全面を考慮するなら、15S Touring以上のグレードがおすすめですが、価格差を考えると悩みどころかもしれませんね。

15S Touringを購入するとなると諸費用やオプションによっては200万円を超えてくる可能性があります。

マイナーチェンジで1500ccに排気量がアップしたことで、金額が上がったため15S Touringからディーゼルと価格が近くなってくるので、どちらのエンジンを選ぶかの選択で悩みそうですね。

スポンサーリンク

【マツダ・MAZDA2】新型のディーゼル車のグレード毎の価格は!?

ディーゼル車の価格をグレードごとにまとめます。

2WD (6EC-AT) 2WD (6MT) 4WD (6EC-AT)
XD ¥1,814,400 ¥1,814,400 ¥2,019,600
XD Touring ¥2,014,200 ¥2,014,200 ¥2,219,400
XD Touring L Package ¥2,073,600 ¥2,073,600 ¥2,278,800
XD Mist Maroon ¥2,062,800 設定なし ¥2,268,000
XD Noble Crimson ¥2,073,600 設定なし ¥2,278,800

車両本体価格(税込)

ディーゼルは5種類のグレードに分けられています。
エンジンは共通でSKYACTIV-D1.5を搭載しています。

ディーゼル車の性能

最高出力77kw/4,000rpm

最大トルク220N・m/1,400~3,200rpm

燃費 22.8~30.0km/L

XD Mist MaroonとXD Noble Crimsonはガソリン車と同様、特別仕様車になっています。

ディーゼルでも特別仕様車以外はマニュアルの設定があります。

ディーゼルのマニュアルはガソリンとはひと味違う感覚を味わえるので、興味のある方はぜひ乗ってみてくださいね。

人気のグレードはXD Touringになっているみたいです。

MAZDA2全体のグレードでも1番人気があるのはXD Touringになっています。

XD Touringを購入する場合予算はおおよそ230万円前後になってきそうです。

コンパクトカーで200万円を超えてくると少し高いと感じるかもしれませんが、ディーゼルを購入する方は燃費の方を重視しているのかもしれませんね。

これはハイブリッドを購入する方と同じ考えだとおもいます。

実際にMAZDA2のディーゼルを検討している方は他社のハイブリッドも検討している割合が多いそうです。

【マツダ・MAZDA2】新型をガソリン車とディーゼル車で比較してみる

MAZDA2のガソリン・ディーゼルの価格をそれぞれまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。

ガソリンは以前まで排気量が1300ccでしたが、マイナーチェンジして1500ccになりました。

以前と比較して、パワーが上がったことは間違いないです。

1300ccのガソリンと1500ccのディーゼルターボでは、パワーはかけ離れていましたが、現在はそこまでのパワーの差は無いかと思われます。

今後ガソリンはパワーが無いからディーゼルという選び方をする方は少なくなるかもしれません。

気になる方は乗り比べてみることをおすすめします。

ガソリンはパワーが上がった分、燃費は以前より少し悪くなってしまいました。

1300ccの燃費はディーゼルに勝っていましたが、ディーゼルは軽油を使用しているので、維持費はディーゼルのほうが安くなっていました。

1500ccではディーゼルの燃費に及んでいません。

これを考えると、ガソリンとディーゼルの維持費の違いはかなり大きくなってしまいました。

購入後の維持費を抑えたい方は断然ディーゼルが良いということが分かりますね。
特に距離を乗る方は、ディーゼルを選ぶメリットが大きいです。

ガソリンは1500ccになったことで価格も高くなってしまいました。
以前の1300ccは購入時の金額が安いというのがメリットだったと思います。

ガソリンでそのメリットはあまり無くなってしまったと言っても良いと思います。
唯一15Sが安い金額で購入できるグレードになっています。

それ以上になると、その後の維持費を考えてディーゼルを購入するメリットが大きくなってきそうです。

 

MAZDA2の価格を紹介してきましたが、上位グレードはコンパクトカーにしては高いと感じますよね。
でも新車ならできるだけ良いグレードが欲しいところです。
欲しいグレードがあるけど予算オーバー・・・

そんなときは下取り車の一括査定がおすすめです。
一括査定は複数の買い取り業者の金額を簡単に出してもらうことができます。

新車の値引き交渉をどんなに頑張っても、下取りの金額が低かったら意味がないですよね。
一括査定で10万円以上ディーラーより高く買ってもらえることもあるみたいです。

値引きに加えて、さらに支払額を抑えることができるので欲しいグレードに手が届くかもしれません。
新車でMAZDA2を購入するときは、ぜひ使ってみてくださいね♪

新車購入を40万円以上お得に手に入れる裏ワザ!

「デミオが欲しいけど、予算オーバーだ…」 
「値引きで安く買いたい」 
「値引き出来なさそう…」 
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」 
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

このような悩みがある方に必見です。

スマホで簡単に申し込める
楽天無料査定
を使うと逆に

40万円以上、得をする
可能性が多いにあります。

複数の事業者が査定してくれます。
高く買い取ってくれる事業者が
見つかります。

「事業者によって40万以上の差が出た」
という人もいたくらいなので
絶対に自動車の査定は
一括査定を利用しましょう。

値引き額を最大にする一括査定の利用方法

1、楽天一括査定に申し込み
(スマホでも可・45秒程度)

2、複数業者に査定をしてもらう

3、一番高く査定してくれた額をディーラーに伝え、値引き交渉

例1「30万で査定してくれる
車屋さんがあったんですが、
新車の値引きをこれ以上にできますか?」

例2「友人が30万なら車を買い取ってくれる
みたいなんですが、それ以上で値引くこと可能ですか?」

4、一番高く査定してくれたところに売る!

たったこれだけです。
ディーラーの値引きが少なければ
一括査定で一番高く査定を出して
くれたところに売ることで値引き額を
最大化させることができます。

もしディーラーがそれ以上の
金額を出してくれたら、
ディーラーで値引いてもらい
新車を買えばいいのです。
※記事上部の査定とは違い複数業者から電話があります。