デミオのサイズ(車体寸法)をコンパクトカーと旧型で比較!口コミは?

えっ?査定サイトを使うと愛車が100%高く売れる!?

ディーラーでは 20万円の下取りが、
買取業者では60万円になることも
多々あります。

無料の車査定サイト
使います。
複数事業者で査定され
一番高く買い取ってくれる
事業者で売ることが出来ます。
複数の事業者から連絡が来ることはありません。

スマートホンで簡単に申し込めます!

デミオをこれから購入する方はボディサイズはどのくらいなのか抑えておきたいところです。
免許を取り立ての方や女性の方などは、あまり大きすぎると運転が大変だと思います。

コンパクトカーと言えば、そういった方にでもちょうど良いボディサイズで運転がしやすいのが魅力です。
デミオはそのあたりどうなのか、車体寸法を詳しく確認していきます。

他のコンパクトカーとの比較や口コミもチェックしますので
デミオの大きさについて詳しく知りたい方はぜひ参考にしてくださいね♪

スポンサーリンク




新型デミオのサイズ(車体寸法・全長)を旧型と比較!

引用:http://www2.mazda.co.jp/purchase/ucar/result.html?mk=10&cn=123&np=&nu=&ac=00

デミオは2014年にフルモデルチェンジが行われ現行のモデルになりました。
デザインやディーゼルの追加など大幅な変更だったと思います。
見た目は好みが分かれると思いますが、とてもカッコよくなったのではないでしょうか。

新しいモデルになりボディサイズにも変化がありました。
以前のモデルではコンパクトなボディで運転がしやすいと評判でした。
新しいモデルになってどのくらいボディサイズは変わったのか、DE型(旧式)DJ(現行)で比較してみます。

デミオDE型(旧式モデル)ボディサイズ
全長 全幅 全高 ホイールベース 車両重量(ガソリンエンジン)
3900mm 1695mm 1475mm 2490mm 1020kg
デミオDJ型(現行モデル)ボディサイズ
全長 全幅 全高 ホイールベース 車両重量(ガソリンエンジン)
4060mm 1695mm 1525mm 2570mm 1030kg

表で比較すると全幅以外は現行モデルのDJ型のデミオのほうが数字が大きいことが分かります。
全幅が長くなっていて、高さも少し高くなっているのでぱっと見の印象は少し大きく感じると思います。

全長が長くなると、駐車時やT字路を曲がるときなどの取り回しがし辛くなります。
現行モデルのほうが少し運転に気を使う必要があるかもしれません。

そのかわりにホイールベースの長さが現行モデルになり長くなっています。
ホイールベースは前輪のホイールの中心から後輪のホイールの中心を一直線に測った長さのことです。
ホイールベースの長さが長いほど車の乗り心地は良くなると言われています。

車両重量も比べてみましたが、同じガソリンエンジン同士だと10kgの差しか出ないようです。
重量は50kg~変わってくると走りや燃費に影響しますが、これくらいの差であれば気にすることはなさそうです。

DE型とDJ型のボディサイズを比較することで、DJ型になって取り回しは少し大変になりましたが、乗り心地は向上したことが分かりました。
このようにボディサイズから見えてくる情報は多いので、車を検討するときはボディサイズのチェックは必ず行いましょう。

スポンサーリンク

新型デミオの車体寸法をコンパクトカーで比較、どう違う?(デミオ・アクセラ・フィット)

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/design/?link_id=sbnv

デミオのサイズを他の車と比較します。
比較対象はデミオ・アクセラ・フィットの3車種です。

デミオボディサイズ
全長 全幅 全高
4060mm 1695mm 1525mm
アクセラ(ハッチバック)ボディサイズ
全長 全幅 全高
4460mm 1795mm 1470mm

マツダの車の中でデミオとアクセラは良く比較される2車種です。
車格が違うのでボディサイズは数値からかなり違ってくることが分かります。

特に横幅の違いは大きいでしょう。
横幅は10cmの差があり、これだけ違うと運転しているときの車両感覚もかなり異なります。
すれ違いのしやすさや駐車時の取り回しに影響します。

デミオとアクセラは排気量が同じグレードもありますが、それ以外は違う部分が多いです。
その中でもボディサイズの違いは大きいです。
デミオとアクセラを横に並べて大きさを比べるとその違いには驚くと思います。
大きい車の運転に自身がない方にはアクセラはあまり向かないかもしれません。

フィットボディサイズ
全長 全幅 全高
3990mm 1695mm 1525mm

コンパクトカーの購入を考えている人でデミオとフィットが候補に入っている方の割合は多いでしょう。
車雑誌などでもデミオとフィットの違いやなどを比較する記事はよく目にします。
走行性能が売りのデミオと室内の広さなど使い勝手が良いフィットという比較結果が多いです。

それぞれコンセプトの違う車のようですが、ボディサイズの違いはあまり無いですね。
両車横幅は同じで1695mmになっています。

5ナンバーのコンパクトカーは横幅に1700mmという制限があります。
1700mmを超えてしまうと排気量にかかわらず3ナンバーになります。
アクセラは幅が1795mmで1700mmを超えているので3ナンバーです。

ほとんどのコンパクトカーは5ナンバーで幅は1695mmに設定されています。
コンパクトカーを検討している方は覚えておきましょう。

デミオのサイズを他のコンパクトカーと比べての口コミ評価

引用:https://www.photo-ac.com/

他の車との比較で、デミオがどれくらいの大きさなのかがある程度わかったのではないでしょうか。

デミオのボディサイズはコンパクトカーの中では中間くらいに位置しています。
大きすぎず小さすぎない、ちょうどいい大きさといったところでしょうか。
これくらいの大きさだと免許取りたてで最初に乗る車にピッタリだと思います。

最初に乗る車としては、運転しやすい大きさです。
車をぶつける心配もそこまでいらないでしょう。
はじめての車にデミオを選ぶ方の割合は多いようです。

一人や助手席に友人や恋人を乗せてドライブを楽しみたい方にもピッタリの車です。
デミオは運転しやすいだけでなく、走行性能に定評があります。

デミオはコンパクトで軽量なボディなので、軽快な走りが魅力です。
街乗りや峠道など、どんな走行シーンでもその走りの良さは現れます。

また、ガソリン・ディーゼルと2種類のエンジンから選ぶことができます。
街乗りメインならガソリン車、遠乗りするならディーゼルを選びましょう。
ディーゼルでアクセルを踏み込んだときの加速の気持ちよさは、他のコンパクトカーではなかなか味わえません。

デミオの1番の強みの走りの良さなので、ドライブを趣味としている人にはぜひおすすめしたいです。
運転していて、マツダの提唱する「走る喜び」が感じられると思います。

初めて乗る車でデミオを検討している方や、ドライブが趣味の方にはまずディーラーで試乗してみましょう。
デミオを試乗することで初心者には重要なボディサイズや運転したときの車両感覚がつかめます。
他にも検討車種があれば、どんどん試乗して運転したときの感覚を比べてください。
ドライブが趣味の方であれば、デミオの走行性能の良さは試乗しただけですぐに分かるかと思います。
他社のコンパクトカーと乗り比べると走行性能の違いは一目瞭然です。

デミオを購入する価値はデミオのちょうど良いボディサイズや走行性能の高さから十分にあると思います。
これからコンパクトカーを検討する方はこの記事を参考に、充実したカーライフを送ってくださいね♪

デミオの値引きで30万円以上お得にする裏ワザ!

「デミオが欲しいけど、予算オーバーだ…」 
「値引きで安く買いたい」 
「値引き出来なさそう…」 
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」 
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

このような悩みがある方に必見です。

スマホで簡単に申し込める
無料の一括査定
を使うと逆に
30万円以上、得をする
可能性が多いにあります。

一社じゃなく、最大10社の
事業者が査定してくれます。
高く買い取ってくれる事業者が
見つかります。

「事業者によって50万以上の差が出た」
という人もいたくらいなので
絶対に自動車の査定は
一括査定を利用しましょう。