デミオVSアクセラ!どっちがオススメか口コミから違いを比較!

えっ?査定サイトを使うと愛車が100%高く売れる!?

ディーラーでは 20万円の下取りが、
買取業者では60万円になることも
多々あります。

無料の車査定サイト
使います。
複数事業者で査定され
一番高く買い取ってくれる
事業者で売ることが出来ます。
複数の事業者から連絡が来ることはありません。

スマートホンで簡単に申し込めます!

最近の新車の中で、デザイン性が良いマツダ車の人気は高くなっています。
その中で購入を悩む方が多いのがデミオとアクセラです。

デミオは1500ccのガソリンモデルと1500ccのディーゼル2種類のエンジンラインナップで販売しています。
販売台数の多いコンパクトカーなので現在マツダの主力車種となっています。
アクセラは1500ccのガソリンと1500cc/2200ccのディーゼル、さらに2000ccのハイブリッド3種類のエンジンラインナップで構成されています。
こちらはマツダのフラグシップモデルとも言える代表的な車種になっています。

コンパクトカーのデミオとミドルクラスのアクセラでは全く違う車だと思われる方が多いかもしれませんが、両車のガソリンとディーゼルの排気量を比較すると1500ccと同等の排気量です。
その他にもこの2車種は似ている部分があるので、比較されることは多いのだと思います。
今回はデミオとアクセラについての口コミをまとめて分かりやすく解説します。
購入を検討している方はぜひ参考にしてくださいね♪

スポンサーリンク




デミオとアクセラはどっちが維持費が高い?

引用:https://www.photo-ac.com/

車を購入してからの維持費は消費者としては気になると思います。
デミオとアクセラではどのくらい違いがあるのか確認していきましょう。

購入時の車両価格の違い

デミオの車両本体価格(税込み)

 

ガソリン

2WD ¥1,393,200~
 ¥1,814,400
4WD  ¥1,598,400~
 ¥2,019,600

 

ディーゼル

2WD ¥1,814,400~
  ¥2,073,600
4WD  ¥2,019,600~
 ¥2,278,800


アクセラの車両本体価格(税込み)

 

ガソリン

2WD ¥1,825,200~
 ¥2,397,600
4WD  ¥2,046,600~
 ¥2,619,000
ディーゼル 
5L
2WDのみ ¥2,338,200~
 ¥2,689,200

 

ディーゼル
2L

2WD ¥2,791,800~
 ¥3,088,800
4WD ¥3,013,200~
 ¥3,310,200
ハイブリッド 2WDのみ ¥2,505,600~
 ¥2,879,000

車両価格を比較してみると、やはりミドルクラスのアクセラの金額がデミオよりもガソリンで約40万円高くディーゼルで約50万円高い金額になっています。
しかし、車の大きさから考えると逆にこれだけの金額差しか出ないのかと驚きました。
デミオのサイズは全長4060(mm)横幅1695(mm)高さ1500(mm)です。
それに対してアクセラスポーツ(ハッチバック)のサイズは全長4470(mm)横幅1795(mm)
高さ1470(mm)です。
数値で比較しただけでもかなりの違いがあることが分かってもらえると思います。

アクセラは他社の車で言えばトヨタのプリウスよりも車体が大きいので、デミオと比較するとかなり大きさは異なるのです。
車のボディサイズは大きければ大きいほど車の価格は高いことが多いです。
それに反してアクセラはボディサイズから考ると価格が安いと思います。
一見デミオとアクセラの金額差からデミオの方が安いと感じますが、もしかしたらアクセラを購入した方がお買い得かもしれないと考えて、どちらを購入しようか悩む方は多いみたいです。
ちなみにボディサイズは違いますが、同じ排気量の車同士では購入時とそれ以降の自動車税は同じ金額です。

燃費の比較

ガソリン
実燃費(2WD)
ディーゼル
実燃費(2WD)
デミオ 16~17km/L 17~18km/L
アクセラ 14~15km/L 15~16km/L

カタログの数値で比較するとデミオとアクセラでは計測方法が違うので、口コミを参考に実燃費を比較してみました。
車両重量が重いアクセラのほうがガソリン・ディーゼルともに悪いようです。
燃費重視で考えている方はデミオの方が維持費を抑えられるでしょう。
もしアクセラで維持費を抑えたい場合はハイブリッドの選択肢もあります。

車検代の違い

デミオとアクセラではボディサイズや重さが違うため、車検に価格費用も違います。
なぜ違うのかというと重量税や工賃がアクセラのほうがかかってきます
車検ごとにアクセラのほうが1万~1万5千円ほど高くなります。

ディーゼルはエコカー減税が適用されるためデミオ・アクセラともに重量税が免税になるので、維持費を考えるとディーゼルが有利になっています。

スポンサーリンク

デミオ15MBとアクセラ22XDの違いを比較

デミオには15MBというモータスポーツベースのグレードがあります。

                            引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/15mb/

エクステリアデザインは通常グレードとぱっと見変わらないですね。
しかし搭載されているエンジンは通常グレードとは全く違います。
排気量1500cc/最高出力116ps/最大トルク15.1kg・mのハイオク仕様になっています。
見た目は普通のデミオでも、エンジンはスポーツカーだと言っても良いでしょう。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/15mb/

内装を見てみると通常グレードと違う部分は、シフトノブがMTになっていることが分かります。
この15MBというモデルはマニュアルしか選ぶことができません。
モータースポーツ仕様のモデルなのでサーキットを走ることを前提で設計されています。
マツダコネクトがラジオのみになっていたり、エアコンもマニュアルエアコンとシンプルな装備内容です。
15MBはサーキットに行きたい方やMTの運転を楽しみたい方にオススメです。

アクセラにはデミオでは選択できない2200ccのディーゼルのグレードがあります。

                       引用:http://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/#axela-sport

アクセラの22XDはCX-5やアテンザのディーゼルと同じ2200ccのディーゼルターボが搭載されています。
このエンジンは圧倒的なトルクで、その加速に関する口コミは良い評価が多いです。
CX-5やアテンザでもパワフルな加速をしてくれるエンジンを、車体の軽いアクセラに搭載させているのでよりパワフルな加速をしてくれることに間違いないでしょう。
とにかくディーゼルの加速を味わいたい方や、ロングドライブに使用される方にはこの22XDがぴったりだと思います。

デミオとアクセラの後部座席の違いを比較!

デザインや走りはこだわりがあり素晴らしい両車ですが、実際の使い勝手はどうなのか。
家族持ちの方は気になる後部座席をそれぞれ確認したいと思います。

デミオの後部座席

引用:https://autoc-one.jp/hikaku/1833396/

デミオの後部座席はホンダ・フィットなど他社コンパクトカーと比較すると狭いといった口コミが多いです。
確かに身長が高い方は窮屈感があり、乗り降りにも苦労するかもしれません。
大人4人乗車ははっきり言ってキツイかなと思います。
後ろには子供しか乗らないという方ならば問題なく使えそうです。
シートの質感はとても良いので、狭さを気にしなければ長距離のドライブでも疲れないと思います。

アクセラの後部座席

引用:https://autoc-one.jp/mazda/axela/report-1693629/

アクセラの後部座席は大人でもゆったり乗れるスペースになっています。
シートも程よい硬さで腰に負担がかかりません。
大人4人乗車する場合はアクセラの後部座席のほうが窮屈感は無いので、くつろげると思います。

シートを倒して荷物を積む場合もアクセラがオススメです。
デミオの後部座席は倒しても荷室から倒したシートまでがフラットにならないので、段差ができてしまいます。
アクセラは荷室から倒したシートがフラットになるので、そのぶん多く荷物を積むことができます。

スポンサーリンク

デミオとアクセラを口コミから、どんな人にどっちが良いか比較

引用:https://www.photo-ac.com/

デミオとアクセラを比較しましたが、あなたならどちらの車をえらびますか。
どちらもマツダの鼓動デザインを取り入れ、スタイリッシュなデザインなので悩みますよね。
使い方でどちらが良いか判断することで、充実したカーラーフを送れるのではないかと思います。

一人で車を運転することが多くて、ドライブが好きならデミオがオススメです。
マニュアル車でドライブを楽しみたい方は15MBなら思う存分運転する喜びを味わえると思います。

家族や友人と出かけることが多い方にはアクセラがオススメです。
後部座席や荷室は十分な広さがあるのでオールマイティーな使い方ができるのがアクセラの魅力ではないでしょうか。
22XDを選べばロングドライブも十分に楽しむことができると思います。

デミオとアクセラはどちらも走りにこだわっている車なので、ドライブが楽しい車には間違いないと思います。

デミオの値引きで30万円以上お得にする裏ワザ!

「デミオが欲しいけど、予算オーバーだ…」 
「値引きで安く買いたい」 
「値引き出来なさそう…」 
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」 
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

このような悩みがある方に必見です。

スマホで簡単に申し込める
無料の一括査定
を使うと逆に
30万円以上、得をする
可能性が多いにあります。

一社じゃなく、最大10社の
事業者が査定してくれます。
高く買い取ってくれる事業者が
見つかります。

「事業者によって50万以上の差が出た」
という人もいたくらいなので
絶対に自動車の査定は
一括査定を利用しましょう。