デミオのオイル交換の料金は?交換するとき粘度は注意すべき?

愛車を一括査定を使わず確実に高く売る方法

ディーラーでは 20万円の下取りが、
この方法を使い60万円になることも
多々あります。

個人情報が流れず
営業電話が来ないで
査定は提携ガソリンスタンドか
自宅で1回のみ!
2000社の入札で最も高く売れる!
(一括査定は最大10社)

スマートホンで簡単に申し込めます!


デミオのメンテナンスで気をつかうのがエンジンのオイル交換だと思います。
車のオイル交換を怠るとエンジンの調子が悪くなったり故障につながる原因にもなりかねません。

しかし定期的にやらなければいけないオイル交換だからこそ、料金は気になりますよね。
今回はデミオのオイル交換の料金と、オイル交換で気をきをつけたいことなどをまとめたいと思います。

デミオを購入して今後のメンテナンスに不安がある方や
オイル交換について詳しく知りたい方はぜひ参考にして下さいね。♪

スポンサーリンク




オイル交換するとディーラーやオートバックスなどで料金を比較

引用:https://www.photo-ac.com/

デミオのエンジンオイルの交換料金はディーラーとその他の修理工場ではどのくらい違うのでしょうか。
ディーラーとオートバックスの料金の違いを確認したいと思います。

ディーラーのオイル交換の予算
ガソリン車 3000円
ディーゼル車 8000円
オートバックスのオイル交換予算
ガソリン車 2500円
ディーゼル車 10000円

比較してみるとデミオのガソリン車のオイル交換はオートバックスのほうが安いですが
ディーゼルのオイル交換はディーラーのほうが安いです。

オートバックスのホームページで料金を調べてみると工賃はディーラーよりも安いです。
しかし、デミオに合うエンジンオイルの料金を工賃にプラスすると料金がいきなり高くなってしまうのです。
そのため適合するエンジンオイルが多いデミオのガソリン車はオートバックスなどの一般修理工場で行ったほうが安くなることが多いです。

それに対してデミオのディーゼルはディーラーでオイル交換を行ったほうが安くなります。
ディーラーではマツダ車のディーゼル専用オイルを扱っています。
このディーゼル専用オイルは通常のオイルに比べて金額が高いです。
マツダ車以外では適応しないオイルなので、一般修理工場で在庫してあることはほとんどありません。
そのため一般修理工場でデミオのディーゼル車のオイル交換を行う場合には、その都度オイルを発注しなければならないのでさらに金額が高くなるのです。
その点ディーラーならディーゼル専用オイルをいつでも在庫として持っているため、工賃が高くても費用は安くなっています。

スポンサーリンク

オイル交換するときに粘度などは気にするほうが良い?

引用:https://www.photo-ac.com/

エンジンオイルにはそのオイルの硬さを表す粘度という数値があります。
オイルの粘度は車によって決まっています。
自分の車のオイル粘度は取り扱い説明書で確認することができます。

デミオのエンジンオイル粘度
ガソリンエンジン 0W-20

ディーゼルエンジン 0W-30D(SKYACTIV D)

デミオのガソリンエンジンの粘度0W-20は現在エコカーで一般的になっています。
そのため、扱っている店舗も多く比較的てに入りやすいエンジンオイルです。
多くの一般修理工場で取り扱っているかと思います。

ディーゼルエンジンオイルはディーラーで扱っている専用オイル以外はほとんど適合する製品がありません。
もし、ディーラー以外でディーゼルのオイル交換をする場合は粘度が適合しているか確認したほうが良いかもしれません。

エンジンオイルの粘度は数値が低いほどさらさらとしていて柔らかくなっています。
逆に数値が高いものは硬めになります。
一般的に国産車のオイル粘度は低く、外車は高いことが多いです。

オイルフィルター・オイルエレメント交換料金の目安は?

引用:https://www.photo-ac.com/

オイルフィルターはエンジンオイルをろ過して汚れを取り除く役割があります。
エンジンオイルはエンジン内を循環する間に、細かな金属の破片などが混ざってきます。
そういった不純物をオイルフィルターでろ過することできれいな状態を保っていられます。

オイルエレメントという名称で呼ばれることもあります。
オートバックスなどの自動車用品店ではどちらの名称でも販売されているので覚えておきましょう。

オイルフィルターは汚れがたまってしまうので、定期的に交換が必要です。
汚れが溜まってフィルターが詰まってしまうと、オイルをろ過することができなくなってしまいます。
長期間その状態が続くとエンジンオイルが汚れて、エンジンのコンディションに影響が出たりエンジンの寿命を早めてしまう原因になります。
オイルフィルターの交換もエンジンオイルの交換と同じくらい重要なメンテナンスです。

一般的にはエンジンオイル2回の交換に1回の頻度でオイルフィルターも交換と言われています。
エンジンオイルの交換時に毎回交換する方もいるようですが、通常はそこまで頻繁にやらなくても良いかもしれません。

気になる料金ですが、ディーラーでも2000円くらいで交換できます。
オイル交換に比べると費用も安く、頻度も少ないのでそこまで気にならないですね。
エンジンオイルと同時に交換できるので手間もかからないです。
ただ、結構交換することを忘れてしまうこともあるので、オイル交換の時には整備記録簿で以前いつ頃交換したのか確認したり、お店で交換したほうが良いか聞いてみると良いと思います。

スポンサーリンク

デミオがオイル漏れしたらどうしたらいい?

引用:https://www.photo-ac.com/

エンジンのオイル漏れは車の故障の中でも多くの割合を占めています。
長年乗っている古い車によく起こる症状です。

しかし、まだ年数を乗っていない車にもオイル漏れは起こることがあります。
その原因はバルブシールが古くなって劣化することです。

通常オイル交換を定期的に行っている車であれば、劣化する前にバルブシールのゴムの部分を同時に交換します。
エンジンオイル交換を長年行っていない車などは、劣化に気づかずオイル漏れを起こしてしまうのです。
こういった故障を起こさないためにもエンジンオイルは最低限交換が必要だと分かりますね。

もしオイル漏れを放置し続けた場合、エンジンが焼き付いてしまうなどの重大な故障を引き起こす可能性があります。
さらに、オイルが漏れていると火災になってしまう事もあります。
整備不良車と認識されるので車検も通りません。
オイル漏れに気づいたらすぐに修理工場で見てもらいましょう。

オイル漏れはその他の原因で起こる場合もあります。
その他にも車に乗っていると様々な故障のリスクがあるのです。
そういった故障のリスクを軽減するには車のメンテナンスが重要です。

ディーラーや一般修理工場で年に1回法定点検を行うことで、故障のリスクはかなり下がります。
法定点検では足回りも点検項目に入っているので、オイル漏れが少しでも起こっている場合には修理を勧めてくれます。
デミオの点検をディーラーで行っている方はパックdeメンテという定期点検に入ることをおすすめします。
通常の点検よりも費用を抑えることができます。

もしも軽度のオイル漏れを発見できれば、修理費用は安く抑えることができます。
オイル漏れがひどい場合には10万円前後の修理費用がかかってしまいます。
このように車が故障してしまった場合の修理額は馬鹿になりません。

故障のリスクを少しでも減らすためには、点検を定期的に受けることが重要です。
人間ドックを受けて健康状態を調べるのと同じだと思います。
故障も早期発見が大事ですね。
今まで車の点検は受けて来なかった方は、検討してみてはいかがでしょうか。

デミオの値引きで30万円以上お得にする裏ワザ!

「デミオが欲しいけど、予算オーバーだ…」 
「値引きで安く買いたい」 
「値引き出来なさそう…」 
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」 
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

このような悩みがある方に必見です。

スマホで簡単に申し込める
無料の一括査定
を使うと逆に
30万円以上、得をする
可能性が多いにあります。

一社じゃなく、最大10社の
事業者が査定してくれます。
高く買い取ってくれる事業者が
見つかります。

「事業者によって50万以上の差が出た」
という人もいたくらいなので
絶対に自動車の査定は
一括査定を利用しましょう。